2020年アップル初売り予想!新年セールのオンライン時間も調査!

今年も新年セール&初売りの季節がやってきました!

 

今回はアップル2020年初売りの開催日時予想とオンラインの新年セール時間、セール対象商品について調査し紹介しています!

ギフトカードの対象製品や金額や2020年1月5日まで開催のMacBook AirなどAppleの対象PCの「1万円引きキャンペーン」についても紹介し必見の内容になっています!

 

この記事では

  • 2020年アップル初売り予想!いつ何時からどこではじまるの?
  • オンラインの新年セール時間は?
  • アップルの初売り対象商品は?ギフトカードの金額を一覧で紹介!
  • 2020年アップル福袋(ラッキーバッグ)の発売はある?

という内容について紹介しています!

 

2020年アップル初売り予想!新年セールのオンライン時間も調査!

2020年アップル初売り日時予想!いつ何時からどこではじまるの?

 

2020年アップル初売りの開催日時はこちら!

 

  • 日時:1月2日〜
  • セール内容:1月2日だけ。対象の製品を買うと、最高24,000円分のApple Storeギフトカードがもらえます。

 

例年の実施店舗と時間はこちら↓

  • 開催場所:Apple直営店(Apple銀座、表参道、心斎橋、名古屋栄、福岡天神ほか)
  • 開催時間:午前10時から午後8時まで
  • オンラインストアapple.comの新年セール:1月2日0時(日本時間)〜24時間限定

 

 

2019年アップルストア初売りの開催日時と2020年の予想

 

Apple(アップル)の公式アプリにて、Apple Storeの2020年元旦の営業時間はすでに告知されています。

 

全店舗共通して、1月1日は休み。そして、1月2日は午前10時から午後8時まで営業するとしています。これは、12月14日にオープンする「Apple 川崎」も同様です!

 

例年初売りの日時や場所、特典はほぼ同じ内容なのですが、これらの条件からの予想2020年の初売り(新年セール)日程はこちらになります↓

 

2020年アップル初売りの予想日時

  • 開催日:2020年1月2日当日限り
  • 開催場所:Apple直営店(Apple銀座、表参道、心斎橋、名古屋栄、福岡天神ほか)
  • 開催時間:午前10時から午後8時まで
  • オンラインストアの新年セール:1月2日0時(日本時間)〜24時間限定
  • 初売り特典:対象製品購入でアップルストアやオンライン(apple.com)などでアップル製品やアクセサリーを購入する際に使えるApple Storeギフトカードがもらえます

 

初売りの開催日時については2018年、2019年も「1月2日当日限り」となっていましたので、今年も同じ日程で開催される可能性が高いです。

 

1月2日の営業時間は午前10時から午後8時までですが開店前から長蛇の行列ができることが予想されます。

 

お近くのアップルストアの場所はこちらから確認できますの、チェックしてみてください!

→アップルストア日本国内の直営店リスト

 

アップルの初売り新年セールには何時に行って並べばいいの?

 

アップルの新年セールには、開店時間に行ってもすぐには入れない可能性が高く、2018年1月2日のアップルストア表参道では、オープンの10時には100名近くの人々が行列を作っていたという記録もあります。

 

できれば開店の2時間前には行って並びたいところです!

(が、それでも一番前を取るには厳しいかもしれません。)

 

季節柄寒さで体調を崩しかねませんし、1月2日はどの時間帯に行っても「店舗の外に、購入者の列が絶えず約100名ほど並んでいる状況」という感じですので、個人的には並ぶの前提でゆっくりめにお出かけもいいと思います。

 

行かれる場合はとにかく暖かい服装でお出かけくださいね!

 

ちなみに、寒い中並ぶのは嫌!という方はオンラインの新年セールでお買い物をしてはいかがでしょうか?

 

年明け0時〜お買い物ができますので、オンラインセールに挑戦して、それでもダメなら実店舗に並ぶというのもいいかもしれませんね。

 

オンラインの新年セール時間は?

 

公式オンラインストアの新年セールは例年1月2日0時(日本時間)〜24時間限定で行われ、この傾向はほぼ毎年同じです。

 

例年、初売りの正式な情報は直前になってapple.comに掲載されます。

 

昨年は「1月2日に福来たる。もうすぐ1日限りのApple初売りがやってきます。欲しいものリストの準備をお忘れなく。」というメッセージのみで、

 

開催日時やセール対象製品の告知はありませんでしたが、正式な日程を知りたい方はこまめにチェックすると良いと思います!

 

正式な情報が発表され次第こちらのページにも追記していきます!

スポンサーリンク

 

2020年アップル福袋(ラッキーバッグ)の発売はある?

 

発売が期待されているアップルの福袋(ラッキーバッグ)ですが、

 

2015年までは販売されていたものの、長蛇の列に対するクレーム、トラブルの勃発などから、2016年は販売を中止、2017年・2018年・2019年も販売はされませんでした。

 

ですので、2020年も販売される可能性は低いですが、発売が決まり次第こちらのページに詳細を追記させていただきます!

 

ちなみに、2015年に発売されたラッキーバッグの中身はこちらの動画で詳しく解説されていますので良かったら参考までに見てみてください↓

 

 

アップルの初売り対象商品は?ギフトカードの金額を一覧で紹介!

 

 

アップルの初売り(新年セール)は対象製品の購入で、Apple Storeギフトカードがもらえるという内容で、

 

ギフトカードは路面店のアップルストアやオンラインストアなどでアップル製品やアクセサリーを購入する際に使えます。

 

購入したアップル製品に応じて最大2万4000円分のギフトカードがもらえますが、カードの金額は、どの製品を購入するかで変わってきます!

 

2019年のギフトカードの金額と対象製品はこちらでした↓

対象製品 ギフトカードの金額
Mac(※対象はMacBook ProやiMac、iMac Proなど) 最大2万4000円分
iPad  最大1万2000円分
iPhone(7/7 Plus/8/8 Plusなど) 6000円分
Beatsヘッドホン 6,000円分
Apple Watch Series 3 3000円分
Apple TV 3000円分

 

ギフトカードは、

  • 2016年・2017年は最大16500円分
  • 2018年は最大18000円分
  • 2019年は最大2万4000円

のAppleストアギフトカードが配られ、年々内容が良くなっている傾向にあります。

 

例えばiPad proは税抜き69,800円だったので、12,000円のギフトカードをもらうことで実質17%オフで購入することができました!

 

ただ、購入してもギフトカードがもらえない対象外の製品もあるので注意が必要で、2019年は最新の「iPhone X 」などは対象外、そして同じ種類の製品は2代までという購入制限がありました。

 

一足お先に11月にアメリカで行われたブラックフライデーセールでは、2019年9月以降の新モデルを除くApple・Beats製ハードウェアを買うと、ギフトカードがもらえましたので、日本の初売り(新年セール)も同様になる可能性が高いですね!

 

Apple製品を割安で手に入れることができることに変わりはありませんので、狙っている商品があるなら、まずはチェックしてみることをおすすめします!

スポンサーリンク

 

アップル初売りに学割は併用できる?どちらがお得なの?

 

アップルには学割制度があり、学生や教職員などの対象者が、アップル製品を購入することで適用になるのですが、アップルの新年セールとの併用ができるのか気になる方は多いと思います。

 

結論から言ってしまうと、学割との併用はできません!

 

そもそも、学割利用には条件があり、対象者や対象製品が限られていますので、まずはこちらを確認した方が良いです!一番気をつけたいのは小中高生は学割対象外ということです。

 

アップルの学割対象者はこちら↓(2019年12月14日時点)

学割対象者

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生
  • 上記の教育機関への入学許可を得ており、進学がすでに決定している生徒
  • 大学受験予備校生
  • 小中高大専門学校の教職員
  • PTA役員(選出されて活動が決定している人も含む)

※小中高生は対象外

 

そして学割の対象製品は基本的にはMacとiPadのみです。(学生・教職員者向けストア内記載の商品)

 

製品別の年間で購入できる台数も決まっています↓

  • Mac:1年に1台まで
  • iPad:1年に2台まで
  • ディスプレイ:1年に2台まで
  • ソフトウェア:各タイトル、1年に2本まで

 

※1年の期間は「4月1日〜3月31日」と設定されており、オンラインおよびアップル直営店のアップルストアと、全国の大学内対象店舗の購入合計数量がカウントされています。

 

ですので、学生といっても小中高生の方は利用することができませんし、お目当の商品がMacやiPad以外であれば、やはりセールで購入という選択肢のみとなります。

 

では、学割対象者で、欲しい商品もMacもしくはiPadという場合、新年セールと学割どちらが得なのか?という問題ですが、学割は商品によって割引率が変わります。

 

例えば学割を使った場合の割引率こちら↓

  • Mac Pro 298,800円 → 278,000円 差額20,000円 (割引率6.7%)
  • MacBook Air 99,800円 → 92,800円 差額7,000円(割引率7.0%)
  • iPad Pro 11インチ(第3世代)89,800円 → 84,800円 差額5000円 (割引率2.9%)

 

新年セールでもらえるギフトカードの金額は2019年と同じであれば

  • Macは最大で24,000円分のギフトカード
  • iPadは最大で12,000円のギフトカード

となるので、もし最大金額のギフトカードをもらえるのであれば、新年セールの方がお得という可能性が高いです。

 

ただ…

 

学割は実際のお会計から値引きをしてくれるのに対して、新年セールのギフトカードは、アップルストアやオンラインストアなどでアップル製品を購入する場合に使えるものなので、

 

ギフト券の使用にはあらたに買い物をする必要があります。

※ギフトカードの有効期限はカードの最終使用から10年間です。

 

金額だけみるとギフトカードの方が得ですが、もしギフトカードを使うために買い物をするなら、さらに数万円単位の出費になるかもしれませんので、この辺りも考慮してどちらにするか決めると良いでしょう!

 

最後に、アップルで買わなくても家電量販店のセールやキャンペーンもありますので、こちらと比較検討してから決めるのも良いと思います。

 

現在行われているアップル製品の割引キャンペーンなどまとめましたので、参考までにご覧くださいね↓

 

(アップル直営店の新年セールではギフトカード対象外になりそうな最新モデルも割引になりますよ!)

 

対象のMacが1万円オフのキャンペーン!〜2020年1月5日まで!

 

 

現在ビックカメラとヨドバシカメラではMacBook AirなどAppleの対象PCの「1万円引きキャンペーン」が2020年1月5日(日)実施されています!

 

内容としては、AppleのMacBookシリーズとiMacシリーズが期間限定でセール、1万円引きとなります。

 

対象となる機種は

  • MacBook Air 13インチモデル
  • MacBook Pro 13インチモデル
  • iMac 21.5インチ/27インチモデル

など今年発売されたばかりの最新モデルが主な対象機種となっています!

 

キャンペーンページと開催期間はこちらです↓

ビックカメラ

  • 開催期間:2019年12月13日(金)~2020年1月5日(日) 23:59まで
  • キャンペーンページ:ビッグカメラ

ヨドバシカメラ

 

ちなみにヤマダ電気でもパソコン買い替えキャンペーンを実施中で8000ポイントプレゼントという内容ですよ!

詳しくはこちらをごらんください!

パソコン買い替えキャンペーンをヤマダ電気でチェック!

 

アップルの初売りまで待てない!という方はこういったキャンペーンを利用してみるのもオススメですよ!

 

 

まとめ

この記事ではアップル2020年初売りと新年セールについて

  • 2020年アップル初売り予想!いつ何時からどこではじまるの?
  • オンラインの新年セール時間は?
  • アップルの初売り対象商品は?ギフトカードの金額を一覧で紹介!
  • 2020年アップル福袋(ラッキーバッグ)の発売はある?

という内容を紹介しました!

 

 

アップルの新年セールは事前い日時を把握したり、準備をしていた人からギフトカードをゲットできている傾向にありますので、セール当日になって慌てることが無いようにきちんと準備しておきましょうね!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!

それでは!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です